ビアンバーの確定申告でお悩みの方は、税理士へ相談した方がスムーズに解決しやすいのをご存じでしょうか。税理士も人によって様々で、税金に関する問題をスムーズに解決したいなら、LGBTや新宿二丁目界隈の事情について詳しい税理士に繋がる事が大切です。
ここでは、ビアンバーの経営に確定申告が必要な理由や無申告のデメリットに加え、LGBTに明るい税理士を選ぶ際のポイントについて解説しています。

ビアンバー営業で得た収入は確定申告が必要?

結論から言うと、ビアンバーの経営や営業で得た収入は、確定申告が必要です。法律で定められているからというのももちろん大きな理由の1つになりますが、確定申告した方が経営者にとってもメリットが大きいのです。
ビアンバー経営者が確定申告をするメリットには、以下のような点が挙げられるでしょう。

確定申告した方が納税額やコストを抑えられる

適正な申告や節税対策を取っていれば、後日延滞税や無申告加算税などの追徴課税が発生する事なく、もっとも抑えた税額にする事が可能です。
また、申告する事で前年度の収入が確定するため、国民健康保険料などの軽減措置を受けられる可能性もあります。
毎年適正に確定申告を行った方が、トータルでコストを抑える事ができるでしょう。

税金の還付が受けられる場合も

確定申告は、申告すれば必ず税金を取られるという訳ではありません。売上と経費のバランスによっては赤字申告となる場合もあり、納税額がゼロとなるケースもあるのです。
また、副業の源泉徴収があり、通院や入院などで医療費が高額になった場合は、税金の還付が受けられる事もあります。
確定申告をした方がお得なケースもあるため、開業したばかりで来年から確定申告が必要な場合は、今からでも申告の準備をしておく事をおすすめします。

精神的負担を減らせる

確定申告をしていないと「確定申告をしなければならないのにどうしよう」「税務調査が来て指摘されたら?」といった恐怖を感じたり、精神的負担に苦しんだりするケースもよく聞かれます。
確定申告をした方がよいと分かっていてもその方法が分からないという場合は、今すぐビアンバーや水商売の事情に詳しい税理士へ相談する事をおすすめします。

無申告状態でいた場合のデメリット

もしも確定申告をせず、無申告状態を放置していた場合は、以下のようなデメリットが生じてしまうでしょう。

多額の追徴課税が発生するリスクがある

無申告状態を続けているもっとも大きなデメリットは「いつかバレる」という点です。確定申告をしなければ税務署は分からないからバレないだろうと思っていても、税務署ではあらゆるルートを使用して無申告者を把握しています。
第三者からのタレコミやスタッフ、取引先への税務調査で発覚する場合もあるでしょう。

ある日突然税務調査がやって来る

無申告状態のところへやって来る税務調査は、多くの場合無予告である日突然調査官が訪問するケースが多いものです。
営業中の店舗に調査官が乗り込んでくる可能性もあるうえ、経営実態の確認で営業ができなくなる場合もあります。
この時に、請求書や領収書などの書類を残していないと赤字であっても経費を証明する事ができず、黒字として計上されてしまう可能性があります。
税務調査で無申告が発覚し、悪質とみなされた場合には、最大過去7年前まで遡り、赤字も黒字計上となって多額の追徴課税となるリスクもある事を覚えておいた方がよいでしょう。

ローンが組めないなど社会的制約を受ける

無申告の状態だと、収入を証明する事ができないため、ローンが組めない、各種控除や手当の申請ができないといった制約も増えてしまいます。
こうしたデメリットを避け、無申告状態から脱出するためには、ビアンバー経営やLGBTに明るい税理士を見つけて依頼するのがもっともスムーズです。

ビアンバー経営やLGBTに明るい税理士を選ぶ際のポイントは?

ビアンバーの経営や新宿二丁目のバー事情、LGBTに詳しい税理士を選ぶ際は、以下の点を押さえておくとよいでしょう。

ビアンバー経営の取扱実績が豊富な税理士を選ぶ

「ビアンバー経営の税務はお任せください」「LGBTに明るい税理士事務所です」と謳っているところであっても、肝心の税務に関する取扱実績が少なければ、税務署への対応などにあまり期待できなくなってしまいます。
税務調査や無申告からの申告サポートなどを多く扱っている税理士法人なら、必然的にビアンバーやゲイバーの飲食店からの依頼も多く受けているものです。
これはバーやラウンジ、スナックといった水商売に税務調査が入る確率がとても高い事が理由となっています。
したがって、税務調査や無申告サポートの実績が豊富な税理士へ相談すればよいと考えましょう。

報酬だけで選ばない

「税理士へ相談や依頼をしたら、報酬が高額になるのでは?」「できるだけ安いところへお願いしたい」経営者なら、このように考えたくなるでしょう。
しかし、報酬の安さだけで税理士を選んでしまうと、これも肝心の税務調査や節税対策、税務署からの指摘に対する対応などであまりサポートが受けられない可能性があります。
報酬は高ければ高い程よい、という事はなく、もちろん妥当な額であるに越した事はありません。
自分1人の力だけでは多くの税金を追納しなければならなかった場合を考えて、最終的に追徴税額が抑えられる結果となる契約がもっとも望ましいと言えるでしょう。

ビアンバーに明るく税務対応が優秀な税理士を探すなら税理士法人松本がおすすめ

税理士法人松本で扱う税務調査の件数は、全国でもトップクラスを誇ります。元国税局査察部出身の税理士も多く所属しており、ビアンバーや新宿二丁目、LGBT界隈の事情と税務署の内情の両方に明るい税理士のサポートが受けられます。初回の電話相談は無料、有料相談も返金保証付きですので、一度お気軽にお問合せください。

まとめ

ビアンバーやLGBTQプラスに明るい税理士を見つけて税務相談を依頼すれば、無申告状態からも脱出できるだけでなく、税務調査や追徴課税に怯える事もなくなります。適正な申告と納税のサポートをご希望の場合は、税理士法人松本へぜひご相談ください。