キャバクラ・風俗で働く女の子専門確定申告サイト

「節税」「税務調査」「無申告」「起業」 でお悩みの
日本中の風俗経営者様
から
たくさんの
喜びの声
が届いています

圧倒的な知識と経験の差でお出迎え致します

東京税理士会所属法人番号 3610号
東京行政書士会所属
行政書士登録番号 09082226
1978年1月31日生まれ
東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ち

メッセージ

当事務所は、著書「デリヘルはなぜ儲かるのか(小学館)」の出版以降、日本国内で7万人を超える税理士がいる中でも数少ない風俗の税金・節税・税務調査に特化した事務所です。
今では、当事務所の考え方に賛同していただける風俗等のお客様が北海道、本州、四国、九州と全国に700社を超えるまで広がりました。
これらの業種の経営者の方との顧問契約はもちろんのこと、風俗嬢様向けに確定申告のサポートも対応させていただいております。
さて、みなさんは風俗にどのようなイメージをお持ちでしょうか。
税務の世界における風俗は、国税庁が発表している不正発見割合の高い業種の常連であるため「脱税が多そう」というイメージが強くあります。
一般的には「暴力団などの反社会勢力との繋がりもありそう」という様なマイナスのイメージが先行する業種の一つです。
この様な印象が強いので多くの税理士事務所では風俗の顧問税理士を引受けないケースがほとんどです。
しかし、適正な申告をしたいと考えている風俗経営者がいることは確かな事実です。
風俗経営者の適正な税務申告のお手伝いを引き受ける税理士がいなければ、無申告で不安な日々を過ごす風俗経営が増え、本意としない無申告や脱税を生んでしまうことになってしまいます。
私たちはそのような税の還流が止まってしまうような問題を解消するために、不安な日々を過ごす経営者の問題を解決するためにも、風俗経営者の方に対して税務の問題を解決するためのサポートを積極的に行っています。

なぜ風俗に特化した税理士になったのか

税理士を目指したのは、大学四年生の時に就職活動中に書店で税理士に関する書籍を読んだのがきっかけです。
私の父親は弁護士事務所を営んでおり、小さい頃から父の背中を見て影響をうけたというのもあります。
きっかけは安易なのかもしれませんが、今では税理士という仕事を選んで本当に良かったと思います。
私が考える税理士とは、お客様と隠し事なく話せる立場にいるということ。
お客様に有効な情報提供、提案を行い問題を解決して感動を与えるべき存在になることが大切で数字をチェックするだけの業者ではなくお客様と対等の意識を持つことが重要と考えています。
教師になりたいと思ったこともあり、教育課程をとっていない私は、大学時代の恩師に「教師になるにはどうすればいいか?」と尋ねに行き、「本を書きなさい」とアドバイスをいただきました。そのアドバイスを実行するためにいくつもの出版社に本を書かせてくださいという提案書を送りましたが返事はゼロ。
しかし、諦めの悪い私は提案を続け小学館から著書「デリヘルはなぜ儲かるのか」を出版することができました。
この著書をきっかけに全国中の風俗経営者の皆様から相談をいただくようになり、風俗を受け入れてくれる税理士事務所が少ないという事実を知りました。
税務調査で困っている。無申告で税務署がいつくるか不安な日々を過ごしている。などいただく相談内容は様々です。
風俗であっても事業として真面目に経営している方を応援していくために業種特化をしております。

特別対談 株式会社セントラルエージェント 代表取締役 浜辺篤 × 風俗専門税理士事務所 税理士 松本崇宏